--:--:-- ・・・ スポンサー広告・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
00:01:54 ・・・ 岡田准一さま。・・・
昨夜、「SP」のエキストラに参加する夢を見ました。
現実とは違い、少人数なエキストラでした。
そしてなんと私はSP役でした。ちゃんとパンツスーツを着ていました(似合わないのに)。
しかも、岡田くんと堤さんが同じ現場に居ました。

次の撮影場所が近くにある大型ショッピングモールと言うことで、全員ゾロゾロと徒歩で移動しました。
堤さんと岡田くんが私の前を歩いていたのですが、岡田くんがありえないテンション(おしゃれイズムで見せていた「みんなで飲みに行こうよー!」みたいな)ではしゃいでいました。

堤さんが突然振り向いて、「緊張してる?」と話しかけてきました。
私はもちろん緊張していたのですが、「大丈夫です!」と答えました。
するとその横を歩いていた岡田くんが「今日だけの参加なんだよねぇ?」と声をかけて来ました。
私が「はい、そうです!」と答えると、堤さんが「今日限りかぁ…あ!じゃあ記念に…!」と何かを思いついた様子で指差した先には、

プリクラ。

「いやいや、そんな!」と全力で断る私でしたが、「いいからいいから!」という二人の激しいノリに負けてプリクラを撮ることに。
堤さん、岡田くん、私という順序でカーテンの中に入ったのですが、「折角だから真ん中に入んなよ!」と楽しそうな岡田くん。
「や、ここでいいですって!」と必死で抵抗する私。
そんな私の肩を掴んで強引に真ん中に押し込む岡田くん。
狭い空間でぎゅうぎゅうぎゅうぎゅう…

岡田くんの白シャツの胸が私の背中に当たってさ…

あの胸板が忘れられません(爆)

分厚かった…。逞しかった…。

最終的に堤さんと岡田くんに挟まれて、しかも二人に肩を組まれて、頭が大混乱…
と、そこで目が覚めちゃいました。残念。

どんな写真が撮れたのかは分からずじまいだけど、ものすごく贅沢な夢でしたとさ(笑)


さて。

『SP』最終回の視聴率18.9%、深夜ドラマで過去最高

だそうで!!
すごいねすごいねすごいねっ!!おめでとう!!!!
「かっこ悪いけど、視聴率が欲しい」と言い切った岡田くんの願いが叶って、本当に良かった。
これでやりたいことがまた出来そうだね。良かったね。
いつかビルからビルに飛び移るようなアクション物が作れるまで…がんばり過ぎずにがんばってね。
陰ながら応援しています。


そんな「SP」、会社で最終回の話が出ました。
「11時半まで待ってたのにさぁ!何なのあの終わり方!!」と、同僚が激怒しておりました。
「尾形さんは結局悪者なの?何なの?!」「血が垂れてるからバレるっちゅうの!とりあえず血をなんとかせいっちゅうの!」とかとか大層ご立腹で(笑)
さらに「あの首相もさぁ「すまなかった」で終わりかよ!殺されれば良かったんじゃ!(ふ、不謹慎です…)」とかとか。

期待していたからその分怒りも大きいと思うんだけどね。
何となく見てたら、疑問にも思わないし腹も立たないじゃない?
だから怒っている同僚を見て嬉しかった私(笑)
ごめんよ…。


そういえば、うちのオカンも大層激怒しておりました。
日曜の昼に起きた私に「あんた、「SP」見た?」とオカン。
見てなかったので「まだだけど。」と言うと、「あ、そう。早く見て。言いたいことが山ほどあるから。」と不機嫌な様子。
昨日の夜遅くに見たので、今朝「そいえば「SP」見たけど。」と言うと、「あれさぁー、どうなの?!」と激怒。

どうやらオカンも不満が山盛りだったらしく、あれやらこれやら朝っぱらから疑問点をガンガンぶつけて来ましたよ(汗)

・首相の秘書は一体どっちを撃とうとしたの?
・狙撃犯はどうやってあそこから逃げられたの?
・山西はどうして井上の両親を刺したの?
・山西は結局何がしたかったの?
・結局堤さんが黒幕なの?

ある程度は私の憶測で答えたけど、「結局堤さんが黒幕かどうか」は私にとっても疑問ですからねぇ。
「とりあえず、もう一度見てみたら?」と言ってみたら「腹が立つから嫌だわ!」と怒られました。どんだけ…。

(ちなみに
・秘書は口封じの為に山西を殺そうとしたはず。
・狙撃犯はちゃんと逃げ道も決めてあったと思われる。SPを先導してるのは堤さんだもん。遭遇しないように道を選んでいたのでは?
・麻田は「身を挺して、子供を暗殺者から守ったぞ!」的なイメージアップの為に、山西を雇って襲わせたものの(刑は軽くするからさ!とかの裏取引があったんじゃない?)、山西はうっかり井上の両親を刺殺。
・それに対して、何もしてもらえなかったことへの復讐では?
 というのが私の憶測。違ってるかも?笑) 

あんまりみんなが怒るもんだから、今日になってもう一度「SP」見てみました。
そしたら色々見えるものがあるのね。
とにかく後半、尾形さんの行動が逐一気になりました。
元々尾形さんに注意して見てはいたけど、あの山西を撃った後の顔とか、撃たれた山西を見下ろす顔とか、改めて見るとものすごーーく深い!!
どういう心情とも取れる顔してるんだよなぁ。ものすごく複雑な表情。
さすが堤さん、役者です。かっこいいです。

それと、西島理事官とすれ違う時のお互いの表情が、面白いですねぇ。
今になってみれば「もう終わりだ…」という表情にも見える西島さんの顔。
彼もただの操り人形だったんでしょうね、きっと。

てことは、尾形さんの上にも指示をする人がいるはず。
それは誰だ?まだ出てきてないのか?
でも今出てるキャストでそれらしき人はいないような気がする…。
まさかまさか尾形さんがトップ???
それはないよなぁ…。うーむむ。

しかし井上くん、何で今更尾形さんに悪意を感じたんだろう?
今までは感じてなかったのに。
井上くんの能力がアップしたから?
それとも尾形さん自身が「悪」とは思っていなかったから?

あーーーー、見れば見るほど出てきちゃうよ、疑問点。

・田中はこっち側の人間かあっち側の人間か。
・他、4係の人達は全員どっちだ?
・狙撃犯がわざわざ残したあれは何のため?
・大男はあそこで倒れたままだったの?(弱っ!)
・撃たれた秘書は生きてるの?死んでるの?
とかとか。

けど私にとっての一番の謎は、
・どうして井上くんは一人で首相を連れ回したの?
だったりします。

無線機だってあるんだろうから協力を頼めただろうし、あんな風に当てもなく逃げ回ったってしょうがないじゃない?
車に向かって逃げてる様子でもなかったし、最終的に舞台なんかに上がったら撃たれたい放題じゃないか!!
追ってくるのが分かるなら、潜んで待ち受けて戦う…とかさ。
SPは受け身だから?自分から攻めてはいけないから?
同僚が言うように、血を垂らしっ放してのもちょっとなぁ…(笑)
(ドラマだからしょうがないじゃない…という言い訳は聞きたくなーい!)

でも、舞台に上がって追い詰められてからの芝居は鬼気迫るものでした。
山西と井上くんの台詞の間が絶妙だなぁ…と思い。
少しずつほどけていく糸と感情の中、犯罪者の山西でさえも、命を救おうとする井上くんが切なくて。
最後、山西からナイフを取り上げる井上くんがほんの少し笑ったような気がするんですけど、あれはどういう意味だったんだろう。
赦せたのかな。過去から解放されたのかな。
や、能力が増してるってことは違うか。

とりあえず、スペシャルでどう動くか…だよなぁ。
ほとんど総集編という噂だから、あまり期待はしていないけど。
多分…てか、絶対映画化するだろうから、そこで決着が着くんだろうな。
井上くんと尾形さんの戦いは見たくなーい!
(尾形さんが井上くんの腕にネクタイを結ぶシーンなんて、ちょっとキュンってしちゃったもん…爆)

今後の展開は、山西の台詞「20年経ったって何も変わってなかった」がひとつのキーワードになるような、ならないような。

最後に信じられるのは誰だ?

やばい。堤さんがかっこいい。かっこよすぎて困る。惚れそう…。
ジャニーズブログランキングへ→→→
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hanaj.blog87.fc2.com/tb.php/326-90e63766
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。