--:--:-- ・・・ スポンサー広告・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22:50:37 ・・・ V6の皆様。・・・
昨日の「学校へ行こう!MAX」卒業式、大笑いしながら見させて頂きました。
最後の「Believe」で少しうるうるしましたが、それまでもその後も爽やかな笑顔と共に見させて頂きました。
V6ファン(ヲタク?)になる前、毎週楽しみに見ていた「未成年の主張」や「少年オカダ」。
仙人に「腿を高く上げろ」と言われて挑んだ水上ゴザ渡りをもう一度見ることが出来て、嬉しかったです。
すっごい頑張ったんだね。
まだ「少年」と呼べた、あの頃の岡田くんからずっと見てたかったな。関西弁を普通に使う岡田くんを見てたかったな。

個人的に長野くんの「大袈裟先生」に大爆笑させて頂きました。
登場シーンから面白いんだもん!
ああいうのもう一度やってくれないかなー。無理かな…無理だよな…(笑)

という感じで、次の番組も非常に楽しみだったりしますが、ここで一区切り。
「学校へ行こう!」という番組に、「ありがとう」と「お疲れ様」と「ばいばい」を言いたいと思います。
そしてメンバーとスタッフさんには、「卒業おめでとう!」を。
11年間、本当にありがとうございました!

昨日は6人一緒に見たんだってね@イノなき。
同じ時間に同じ物を6人と見られていたことが、とても幸せです。


そして。
ちょいと今更ですが、岡田くんの新CMが決定しましたね☆
しかもカメラ!ああなんと!!
ワイドショーで「惚れた」っていうCMを見ましたが、ベッドに横たわる撮影風景に釘付けでした(笑)
あの撮影現場に紛れ込みてえなあ。
なんならベッドに紛れ込みてえなあ!!(大笑)

銀座のSONYビルでは9月2日(火)から 9月18日(木)までイベントを開催中だそうです。
岡田くんの拡大パネルと記念写真を撮ったり、
(あの顔と自分の顔が並ぶなんて、どんな凹プレイだよ…爆)
岡田くんが撮影した写真が展示してあったり、
岡田くんのポストカードをもらったり出来るんだとか?
あと1日早くやってくれたら行けたのになぁ…。残念無念。
(そんな人がいっぱいいるんだろうなぁ…笑)
でも岡田くんが撮影した写真は、イベント終了後の19日からSONYのHPで見れるそうなので、それまでじいっと辛抱して待ちたいと思います。


そうそう。
携帯の着うたサイトdwangoで「LIGHT IN YOUR HEART」の配信が始まりましたねっ。
ひとまず「LIGHT IN YOUR HEART」の「ラスサビver」と、「あの空」の「3サビ」をダウンロードして来ました。
「あの空」ってのはコンサートで歌ってた、あの曲(メンバーの後ろに黒い竜巻みたいなのが出るやつ…って分かりづらいですけども)かと思っていたら全然違うのねっ!!
サビのラストになんちゃらバーチャルスカイって歌ってるように聞こえたから、勝手にそうだと思い込んでおりました。
張り切ってダウンロードしたら、予想と全然違ってかわいらしい曲が流れて来たからびっくりしちゃいましたよ(笑)

「LIGHT IN YOUR HEART」は予想通りに「LIGHT IN YOUR HEART」で(当たり前だ)
いいよいいよ~。コンサートがよみがえるよ~。

この「LIGHT IN YOUR HEART」の曲始まりがとっても印象的だったんですよ。
「サンキュー!ミュージック」の後、真っ暗なステージにスタタタタっと走って来て位置に着く6人。
それだけでもかーっこいいー!なのに、イントロが始まって少ししたら健ちゃんがくるっと回りながら飛ぶんですよ!
んで着地と同時にばーん!って!特効って言うんだっけ?あれがばーん!って!
うっひょー!ですよ。もうテンション上がりまくりですよ(笑)
あれをもう一度DVDで見れるんだ…嬉しいなぁ…(泣)
「THE LIGHT IN YOUR HEART~♪」に合わせて手を挙げて行く振りも好きだったなぁ。
早く歌番組で見たいよぅ!わくわく!


てな感じで、元気に今日もヲタクです。
いえいいえい!!







ここから先は、
あれから約1週間、どんな気持ちで過ごしていたのか。
あの写真を見てから実物を見ると、人間どんな反応をするのか。
そんなことをこっそーり書いておきたいと思います。
自分の覚書の為にも…(笑)

勝手な独り言ですので、どうぞご了承下さいませ。






あまりにこの数日間の流れが濃すぎて、今となっては数ヶ月前に起きた気すらする、あの金曜日事件。
私にとっての「2008年に起きた出来事ベスト5」の上位に入るに違いない金曜日事件。
コンサート参戦前日にこんなことが起きるなんてねぇ…な金曜日事件。


本当はね。
絶対泣くと思ったんだよ。
目の前で歌って踊る岡田くんを見た瞬間に「うううう…やっぱり好きだよおおおお…」って号泣すると思ってたんだよ。
でも違ったんだなぁ。
30日の1部は本当になんとも不思議な感覚でした。
悲しいとも違うし、腹が立つのも違うし、嬉しいのとも違うし…。
とにかくすんごい違和感だったんです。
そこにいるのは岡田くん。いつもと同じ岡田くん。のはずなのに、何かが違う!

そんな大混乱の中、一番最初にVロードへやって来たのが岡田さんでした。
席が2階の最後列だったのでそう近くなかったのですが、「うわ、いきなりかよ。」と呟いてしまったのは覚えています(笑)
でも、その後のことをよく覚えていません。
確か見れなかった気がする。
見たいけど見れなくて、一応見たんだけど叫ぶことなんて出来なくて、去って行く後姿を見て「なんだこの感情は?!」って大混乱した気がする。
その後も自分の感情がなんだかよく分からなくて、何度も「なんだこれ!?」と頭を抱えておりました。
妹ちゃんにもご迷惑をおかけしました。本当にごめんなさい。。


翌日31日の1部は普通にとっても楽しかったです。
前日の混乱をまだひきずってはいましたが、そのお陰で今までで一番6人をまんべんなく見ていた気がします。
普段どうしても「岡田さん岡田さん…」と見てしまうのですが、それがないお陰で(??)全体をゆっくりと見られて一番コンサートという物を楽しんだ気がします。
(特に健ちゃんにヤられたりしましたよ。かわいすぎるぜ、健ちゃん!!)


そんな私の大混乱に変化が訪れたのが、2日目の2部…つまりオーラスも終了間際のことでした(遅っ!)。
それはアンコールの2曲目「心からの歌」の時。
メンバーが花道に散らばって、岡田くんが外周にやって来ました。
メインステから軽い駆け足でやって来た岡田さんは、スタンドにいる私達には目もくれず(泣)アリーナ側に手を振って去って行きました。
そのままスタンドやアリーナに手を振りつつバクステまで歩く岡田さん。
ピンクのTシャツを着た大きくて少し丸い背中。
その背中を見ながら、
「あぁ。私はこの後姿が大好きだったなぁ。」って思ったんです。

そう。
過去形。

そしたら、なんだか分からないけど泣けてきて泣けてきて。
しかもタイミングよく「心からの歌」ですよ。
「愛してるなんて簡単じゃない。簡単じゃないから。」ってまたもや歌うものだから。
泣けて泣けて。
ちょうどスクリーンに岡田さんが映ったんだけど、それがものすごい優しい笑顔でさ。
でも「うわーん!大好きだよー!」と思えない私がそこにいて。
ただひたすらに涙が出まして。

さらにその流れで「Believe」ですよ。
ガコイコ映像に涙ですよ。
10周年の時の6人旅の映像を見て、
「初めてV6を生で見たのはこの時だったなぁ…。初めて来たこの代々木で6人と一緒にこの旅の様子をスクリーンで見たなぁ…。」なんて思い出がよみがえり。

気付けばあれから3年。
盲目にひたすら岡田さんの事を追いかけて来ました。
(ちょいちょい浮気もあったけれども、そこはスルーでお願いします)
大好きで大好きで大好きで大好きで大好きで。
気付けば岡田さん中心に毎日が回っていて。

好きだと言う映画を観たり、読んだと言う本を探したり、聞いたと言う音楽を聴いたり、食べたと言う物を作って食べたり。
少しでも岡田さんの事が知りたくて、同じものを感じたくて、同じ景色を見たくて。

何かに出くわしたら、
「岡田くんだったら、どうするだろう?」
「岡田くんだったら、どう感じるだろう?」
「岡田くんだったら、どう言うだろう?」
そうやって乗り越えてみたりして。

そんな風に過ごした日々。

いつだって大好きだったのよ。
大きな目も、
横顔も、
長い睫毛も、
少しはねた襟足も、
ゆっくりした瞬きも、
小さな手も、
右側だけ上がる眉も、
綺麗な指も、
ガニ股な歩き方も、
少しおかしな箸の持ち方も、
「あんだろなぁ。」って言う言い方も、
考えると下唇が出ちゃうところも、
照れたように笑う顔も、
全部全部全部。

だけど、私が知ってるそれら全ては岡田くんのほんの一部にしかすぎなくて。
あくまでもお仕事用の顔であって。
それを知ってたのに知らない振りして、大好きになって。
このままでいることは出来ないのかなぁ。なんて勝手なんだろう。

そんなことを思っている内にメンバーは手を振りながらはけちゃって。
「アンコール」って言わなきゃいけないんだけど、声が出なくて。
ただただ泣いていて。
その後出て来て「本気がいっぱい」を歌ったメンバーに、さらに「もう1回!」コールが止まなくて。
でも私は参加出来なくて。
ステージには笑顔のメンバーがいて。客席もみんな楽しそうで。
「じゃあもう一曲!」って、それは最高に幸せな瞬間のはずなのに涙で霞んで全然見えなかったんだよ。
「UTAO-UTAO」は大好きな曲のに。全然一緒に歌えなくて。

もう終わりにしようと思ったんです。本当は。
あの時、あの背中を見た時に。
「ばいばい岡田くん。今までありがとう。いっぱいいっぱい楽しかったよ。ありがとう。沢山の思い出をありがとう。幸せになってね。ってそんなこと私が言わなくてもなると思うけど、あなたはどこに居たって幸せになるって言ってたし。でもきっと、絶対絶対幸せになるんだよ。」
って思ったんです。

なんだか吹っ切れた気がしたんです。
最後にステージから岡田くんが消える瞬間、すごくすっきりした気分だったし、満足だったから。
散々泣いた後だったし(笑)
ファンをやめる事はないと思うけど、ヲタクではなくなるかもなぁ。って。
こんな風に泣いたりわめいたりは、もうしないかもなぁ。って。
今までよりは少し冷静に見られるかもしれないなぁ。って。
そう思ったんです。確かに。

でも。

ホテルに戻って、「Growing Reed」聞こうとラジオをつけたら、岡田くんの声が流れて来て。
それはさっきまで「どうもありがとう!」って叫んでいた岡田くんの声で。
私が大好きだった岡田くんの声で。
愛おしくて大好きで大嫌いで。
床にへたり込んで泣きました。


思えば、「SP」のエキストラに参加した後も頭が大混乱してたっけ。
「これ以上好きになったって、辛いのは自分なんだ。好きになりすぎちゃダメだダメだダメだ…」って、言い聞かせてたっけ。
キラキラした目を見たって、揺るがないようにしてた。はずだった。
なのに、気付けばそんなことすっかり忘れて、また同じことの繰り返し。

こんなことをあと何度繰り返すんだろう。
冷静に穏やかな目線で岡田くんを見ることは出来ないのだろうか。

だから今。
必死にブレーキを踏んでいます。
また暴走しないように。
えーーー…相当必死です(笑)


長くなっちゃったけど、これが今の気持ちです。
あいかーらず、気持ち悪くてすんません(大笑)


「大丈夫じゃない!」というコメントを下さった皆さんは、大丈夫ですか?
少しは吹っ切れましたか?
もう泣いてませんか?
同じファンとしてとても心配です。

いつかみんなで笑えますように。
岡田くんの幸せを笑顔で見ることが出来ますように。
それはきっと簡単じゃないと思うけど。

どうか笑えますように。
そんな日が来ますように。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hanaj.blog87.fc2.com/tb.php/492-47db3783
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。