--:--:-- ・・・ スポンサー広告・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
00:59:18 ・・・ V6の皆様。・・・
健くんの舞台を観に行って参りました。
席は1階の真ん中より少し後ろ辺りかな?
とても見易かったです。

上演前にjohnny's webでチケットを取った人だけ頂ける、健くんが一枚一枚ハンコを押したポストカードを受け取りました。
ロビーで、そのハンコを押している映像が流されているんだけど、音量が小さ過ぎて全然聞こえないのよぅ。
友達と「音量上げる?」と言ってみたものの、そんな度胸もなく…。
仕方なく耳をすませて聞いてきました。
V6の曲をバックに流して、せっせとハンコを押す健くん。
「僕と僕らのあした」を歌ったり、「HONEY BEAT」には超ノリノリで踊ったりしてて、めっちゃかわいかったです。
友達のハンコは少しかすれてる部分があったりして、本当に印刷じゃないのね…と、健くんらしいプレゼントに心が温まりました。


さて。
肝心の舞台の感想ですが…

非常に難しい舞台でした(汗)

割と淡々とした話なので、正直…途中少し眠くなったりとか…
舞台初心者の私には、難しかったです。はい。

コピーは「この物語は、どうしようもない凡庸さから脱出しようと試みる、どうしようもなく凡庸な若者の話である。」なんだけどね。
個人的に、若者の話ってよりも家族の話って風に感じました。
微妙なバランスで成立していた家族が、小さなほつれ目からどんどん壊れて行きそうになるんだけど、家族ゆえに立ち直ろうとする…と、めちゃくちゃ簡潔にするとそういうことでしょうか(笑)
精神的に不安定な人が数名いるんだけど、その人たちの言動と、時々響くヘリコプターのプロペラ音が重なって、妙に恐怖心が煽られたりもしました。

最後の方で健くんのお父さん役の秋野太作さんが、
「孤独を受け入れるんだ」と言う台詞があるのですが、それがすごく印象に残りました。

あ、そうそう!
何よりもびっくりしたのが、舞台のセット!!
この公開舞台稽古の様子を見てもらえば分かるんですが、これがこのまま舞台の上に立ってるんですよ。
すごーく細かい所まで作り込まれててびっくり。
後ろの雑木林の葉っぱが時々風に揺れたりとか。
地面が土っぽくしてあったりとか。
あと、鳥かごの中のオウムが喋っちゃったりとか(笑)

お芝居では結局涙することはなかったんですが、最後に健くんがカーテンコールで現れた瞬間、何故か泣きそうになりました。
なぜ?(笑)

帰りは友達とカレーを食べてからバイバイして、伯母さん家へ行って来ました。
突然だったので、すごい驚いてたけど喜んでくれてよかった♪
一緒にたこ焼き食べました(笑)


そうそう。

KAT-TUNの当落確認もしました!
KAT-TUNのアーティスト番号が分からなくて、お友達にご迷惑おかけしました!ごめんなさい!!
どうにか無事に福岡チケット取れてましたー。よかったー。
飛行機やら何やら手配しなければ…!
楽しみだよー♪


何度やっても緊張するよ…当落確認って…。
ジャニーズブログランキングへ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hanaj.blog87.fc2.com/tb.php/66-33891697
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。